「Windows 10」への移行計画を早急に進めるべき

Posted in 未分類 by admin with No Comments

Windowsは長く、企業のクライアントPCの主要なプラットフォームとして選択されてきました。アプリケーション、3D対応、ゲームなど、コンシューマー向けの新機能が注目されがちなWindows 10ですが、特に企業での利用に向けて強化されたセキュリティ機能や管理機能も少なくありません。一方、「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」のサービスモデル(次回以降に詳しく説明する予定)に基づいて次々に新しくなっていくWindows 10は、企業で利用するクライアントPCの標準OSとして適しているのか、不安や懸念を抱き、導入をためらっている企業もあると思います。製品サポートが終了すると、Windowsに新たなセキュリティの問題が発覚しても、影響するかどうかは公表されません。当然、セキュリティ更新プログラムも提供されません。今後もクライアントPCをWindowsで運用し続けるなら、早めにWindows 10への移行を計画し、実施する必要があります。特に、Windows 7ベースのシステムを運用中の場合は、期限が迫っているため、急ぐ必要があります。

監視カメラがものすごいことになっている。そこには認証技術も追加されているのかも

Posted in 未分類 by admin with No Comments

アメリカもロシアも、英国もフランスも、中国も、予算をかけて軍事力を左右するテクノロジーの競争にしのぎを削っています。「顔認証技術」も、その一つで、日本は、そんな相手と競争しなければならないのです。中国は非軍事でも、「治安維持」という国家目的のために全土で1億7600万台、国民7人に1台の割合で監視カメラを配置、作動させています。「監視カメラ大国」といわれる英国でも10人に1台の割合で、中国はそれを上回り、6人に1台のアメリカに次ぐのです。まだ20人に1台程度の日本は遠く及びません(英国のIHS Markitの調査データによる)。この「ぶ厚いインフラ」が、顔認証技術のビジネスには絶好のフィールドを提供しているのです。欧米や日本では活用の壁になる「国民のプライバシー保護」も、中国では治安維持など「公の目的」のほうが優先され、拡大解釈されています。土壌もあれば、カネも出る。中国政府の公安部門(警察)向けにAI、顔認証技術を利用した監視システムを提供するセンスタイム・グループ(商湯科技)は、7月11日にベンチャー・キャピタル(VC)から4.1億ドルもの資金を調達したのですが、そのVCのカネの出所の大部分は中国政府系だといわれているのです。 民生部門でも、バイドゥ(百度)が保険会社の顧客管理に、アリババが送金決済サービスに利用しはじめ、導入する学校やホテルや商業施設は急速に拡大している。民間でも投資は活発に行われています。

最新スマートフォン「arrows M04」の特徴とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

スマートフォンは小さなノートパソコンを持ち歩いているくらい便利で役立ちますのでたくさんの人が使用しています。
それに、アプリがたくさんありますので様々な楽しみ方がありますし、自分好みにカスタマイズすることもできますので楽しいですね。
そんなスマートフォンは色々な機種が次から次へと発売されていますが、最新スマートフォンとして発売されているのが「arrows M04」です。
この最新スマートフォンは「富士通コネクテッドテクノロジーズ」が発売しているSIMロックフリーのアンドロイドスマートフォンで、泡のハンドソープで丸洗いできるというのが特徴となっています。
指紋などの汚れも綺麗に洗うことができますし、毎日綺麗にして使用することができますので気持ち良いですね。
また、シニア層や主婦をターゲットにしていますので、スマートフォンに慣れていない人でも分かりやすくて操作しやすいです。
カラーバリエーションは基本的にブラックとホワイトというシンプルな2色ですが、限定カラーとしてゴールド、グリーン、デニムブルーが用意されています。
このような最新スマートフォンには耐衝撃性能が強化されていますので、いつでもどこでも安心して使用することができるでしょう。

TP-Link、メッシュネットワークで家庭内Wi-Fiから死角をなくす「Deco M5」

Posted in 未分類 by admin with No Comments

ティーピーリンクジャパン株式会社は、「オールカバーホームWi-Fiシステム」を謳う無線LAN機器「Deco M5」を発表しました。3個セットおよび単体で発売され、3個セットは22日より発売し、単体の発売日は未定です。3個セットの店頭想定価格は33,000円前後で、単体価格は12,000円前後の見込みです。Deco M5は、IEEE 802.11ac対応無線LANルーターと中継器両方の機能を備えた製品です。独自のメッシュネットワーク技術「オールカバーホームWi-Fiシステム」により、家庭内のすみずみまで電波を届けるとしています。3台で420平方mをカバーし、最大10台までネットワークを構築できるのです。中心となるのが「TP-Link ART (アクティブルーティングテクノロジー)」で、Decoの各ユニットの位置と家庭内の全機器との接続に最適な経路を自動的に選定するということです。ストリーミング動画の視聴やゲーム、ファイルダウンロードなど、用途に応じ周波数帯をそれぞれ選定できます。MU-MIMOにも対応し、同時に複数端末と安定した接続が可能となっています。本体デザインは螺旋をモチーフにしており、シンプルなデザインとなっていて、インジケータのLEDはマルチカラーで、従来のようにいくつものLEDを備えるのではなく、1つにまとめられているのです。セキュリティ機能として「TP-Link HomeCare」も備えていて、製品保証期間である3年間は無償で提供されます。

スマホのバッテリー「にゃんこ大戦争」は可愛くて多機能

Posted in 未分類 by admin with No Comments

スマートフォンを持って外出する時に心配なのが充電切れですよね。
充電切れになってしまうと何もできなくなりますので不便ですし退屈です。
そんな心配を解決してくれるのがモバイルバッテリーです。
モバイルバッテリーは数多く発売されていますが、その中の一つに「にゃんこ大戦争」というスマホのバッテリーがあります。
このスマホのバッテリーは「にゃんこ大戦争」の人気キャラ「狂乱のネコ」と「ネコ」が描かれている2種類が用意されており、どちらも可愛いネコがボディに描かれていますので、見ているだけで楽しめますし癒される人もいると思います。
可愛いだけではなく、4,400mAhという大容量バッテリーになっているのも魅力的です。
長時間使用してもバッテリー切れの心配がありませんので安心ですね。
また、本体にはLEDライトが付いていますので暗い所でも安心ですし、4段階の残量表示インジゲーターが付いていますので一目で残量確認ができます。
本体サイズは幅約105ミリ、高さ約64ミリ、厚さ約12ミリ、重さ約110gという軽量コンパクトサイズになっていますので持ち歩きやすさにも優れています。
このようなスマホのバッテリーは低価格ですので一つ持っておいても良いと思います。

パープルってカッコイイ

Posted in 未分類 by admin with No Comments

Skullcandy Japanからブルートゥースイヤフォンが今月の末ごろ発売になるそうです。その写真が出ていたんですが、カッコイイんですよ。多分装着イメージが別ページに載せられていてそれが良い印象になったのかも。

私はスマホで音楽を聞くことは無いんですが、他の人が音楽を聞いている様子を電車などでよく見かけています。すっごい集中して聴いていたり、片方が耳から外れていてもよく解らずそのまま音楽を聴いている人など^^見ていると結構面白いものです。

ネットニュースで紹介されていたイヤフォンは「Jib Wireless」というもので、リーズナブルな3980円!耳に入れる部分に4色のカラーが用意されているんですが、とくにパープルがカッコイイんですよ!きっと今まで見たイヤフォンのカラーって黒かグレーだったような・・。Jib Wirelessの場合にはパープルのほかにレッド、ブラック、ブルーがあり、レッドとブルーも発色が良くて素敵なんですよね~。

ブルートゥースっていうところも魅力ですが、やはりデザインやカラーも重要ですよね♪

大人の女性向けの

Posted in 未分類 by admin with No Comments

ソニーから発表されたウェアラブル端末、wena wrist Three Hands Squareという名称のスマートウォッチ。もう、ウェアラブル端末とかじゃなくて、普通の時計なんですよね。

文字盤はアナログでベルトと同じ幅。かなり小型で、ベルト部分も普通の時計となんら変わらない見た目なんです。ここまでスマートウォッチって進化しているんですね。ホント、驚きです。それもそのはず、「人々にもっと自然に、違和感なく、身につけられるウェアラブルデバイス」ということがコンセプトで作られたとのこと。全くそのコンセプト通りに仕上がっています。

文字盤のヘッド部分が小さいので、女性向きかと思いきや、文字盤の数字を囲むようにスワロフスキーが、そして真珠なども使った大人の女性向けのCrystal Editionというものも発売されるそうです。

そして、限定700セットでスワロフスキーがたくさん並んだブレスレットが同梱されているとのこと。これも素敵です♪

microSDHCとmicroSDXCカードの違いは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

現在流通しているmicroSDのカード容量は、おおきく7つに分類できます。2GB、4GB、8GB、16GB、32GB、64GB、128GB、200GBの8種類です。この中で売れ筋なのが32GBと64GB。次点で128GBと16GB。高機能スマホで8GB以下のマイクロSDカードは容量不足といえます。200GBは高価であるため、128GBや64GBに比べて買いづらいのが現状です(⇒SanDisk Ultra 200GB microSDXCカードで得られる4つのメリット)。初めてマイクロSDカードを購入される方は、32GBか64GBのどちらかで頭を悩ませることになるでしょう。最近では128GBも8千円程度で購入できるようになりました。大容量がほしい人には128GBをおすすめします。私も128GBを愛用中です。カード容量が2GBまでのものをmicroSDカード、と呼びます。4GB~32GBをmicroSDHCカード、と呼びます。SDHCは、High Capacity(大容量)を意味します。64GB以上をmicroSDXCカードと呼びます。SDXCは、eXtended Capacity(超大容量)を意味します。遠くない将来に2TBのmicroSDが登場するかもしれません。microSDXCカードの最大容量は2TB(規格上)。2TB(テラバイト)は、2,048GBです。将来的には、超大容量のmicroSDXCカードを安価で購入できる日が訪れることでしょう。

ドコモが「Xperia XZ Premium SO-04J」を発表

Posted in 未分類 by admin with No Comments

Xperia XZ Premium SO-04Jは、Xperia XZ Premiumのドコモ版です。Xperia XZsは、ドコモ、au、ソフトバンクが発売するようですが、Xperia XZ Premiumは、日本では、ドコモのみが発売します。OSが、Android7.1ということで、最新のAndroid OSのようです。プロセッサーが、Snapdragon 835ということで、こちらも最新のようですし、ハイスペックです。メモリも4GBで、ストレージが64GBとハイスペックですね。 また、USB Type-C 3.1でmQuick Charge 3.0にも対応しているそうです。ワンセグ/フルセグ、おサイフケータイ、IPX5/8の防水、IP6Xの防塵(じん)にも対応しています。このあたりは、やはりソニーという日本メーカーですからしっかり押さえていますよね。通信速度は、256QAM、4×4 MIMOに加え、制御信号を減らすことでさらに高速化を図り、東名阪の一部エリアで下り最大788Mbps(理論値)をサポートということです。Xperia XZ Premium SO-04Jは、5.5インチの4K(2160×3840ピクセル)という高解像度のディスプレイを搭載しているのが大きな特徴です。スマホで、4K HDRということで、なかなか他のスマホにはない特徴になっています。「ひかりTV」「Amazonプライムビデオ」「dtv」で4K HDR対応コンテンツが配信される予定で、「DAZN」や「YouTube」など4K非対応のコンテンツも、4K相当の画質へアップスケールして再生できるそうです。動画コンテンツをスマホで綺麗に見たいという人には、魅力のあるポイントではないでしょうか。
ドコモのスマートフォンを買うならこちら

Xperia X Compactは新機能を盛り込みながら、使いやすいコンパクトスタイル

Posted in 未分類 by admin with No Comments

主要スペックは、プ ロセッサーはQualcomm 「Snapdragon 650」、メモリーは3GB、ストレージは32GB。そして、もちろん防水防塵タイプとなっています。これでまず気になるところは、プロセッサーが「Xperia X Performance」や「Xperia XZ」に採用されているハイパフォーマンス向けの「Snapdragon 820(MSM8996)」ではなく、性能が抑えめのミッドレンジ向けのQualcomm 「Snapdragon 650」となっていることです。今までは、大画面のモデルもコンパクトモデルも共通のプロセッサーだったので、明らかに今までとは異なる仕様変更に最初は戸惑いましたが、近年のプロセッサー性能が上がるとともに逆に課題となりつつあったのが発熱の処理です。「Xperia Z5 Compact」では「Xperia Z5」と同じプロセッサーだったにも関わらず、たまにひっかかる事もありその要因を考えると、やはりコンパクトさゆえの放熱の限界もあったのでしょう。そう考えると、少し性能が落ちるとしてもベストなパフォーマンスを発揮できるQualcomm 「Snapdragon 650」というチョイスは間違っていないでしょうし、メモリーに関しては、「Xperia Z5 Compact」では2GBだったものから、「Xperia X Compact」では3GBと増えたことで、普段使っていても引っかかることもなく快適につかえています。