「Blackview A8 MAX」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

高品質なメタルフレームを採用して、高級感溢れる美しいボディデザインになっているスマホが「Blackview A8 MAX」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約78ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約177gになっており、カラーバリエーションはホワイト、ゴールド、グレーの3色が用意されています。
ディスプレイは約5.5インチ高解像度IPS液晶ディスプレイを搭載し、液晶部分には丸みを帯びた美しいデザインになる2.5D曲面加工が施されています。
CPUはMediaTek MT6737クアッドコア1.3GHzを搭載していてRAMが2GBになっています。
ストレージは16GBで64GBまで増やすことができ、バッテリーは3,000mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラを搭載しており、メインカメラにはソニー製のセンサーが付いていますので簡単に美しい写真を撮ることができます。
また、HDR撮影機能やタッチフォーカス、LEDフラッシュやパノラマモードなどの機能も付いています。

「MADOSMA Q601」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

超薄型で丸みを帯びたサイドフレームにアルミを使用しているボディが特徴的となっており、大型ディスプレイとWindows10を搭載したスマホが「MADOSMA Q601」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約60ミリ、高さ約182ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約176gになっており、カラーバリエーションはグレーとシルバーの2色が用意されています。
ディスプレイは約6インチ高解像度液晶ディスプレイを搭載しており、エッジ部分には2.5Dガラスが使用されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン617クアッドコア2.15GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
バッテリーは急速充電に対応している長時間使用可能な3,900mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは暗いところでも明るく撮影できるF2.4レンズが付いた約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
この他には様々なセンサーが付いていたり無線接続でコンティニュアム機能などが使用できるようになっています。

「Moto Z」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

耐久性に優れたデザインと高性能CPUを搭載している人気スマホが「Moto Z」です。
軍用機グレードのステンレススチールとアルミニウム、ゴリラガラスで作られていますので耐久性はトップクラスを誇っていますし、撥水コーティングが施されていますので安心して使用することができます。
CPUはクアルコムの高性能CPUスナップドラゴン825クアッドコアを搭載しており、RAMが4GBになっていますので処理が重たくても快適に楽しむことができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約155ミリ、厚さ約5.1ミリ、重さ約134gという軽量スリムボディになっています。
ディスプレイは約5.5インチのスーパーAMOLEDを採用していますので驚くほど綺麗で鮮明な映像などを楽しむことができます。
バッテリーは2,600mAh大容量バッテリーを搭載しており、付属されている「TurboPower」チャージャーを使用すれば15分の充電で最長7時間駆動が可能となります。
カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブラック・ゴールドの3色が用意されています。

「FREETEL Priori 4」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

1日中、安心してゲームや動画楽しめる大容量バッテリーに、その日の気分によって変えられる6色カバーが付いているスマホが「FREETEL Priori 4」です。
4,000mAhという圧倒的な大容量バッテリーを搭載しているので残量を気にせず様々なことを思う存分楽しめます。
自由に取り外し可能なカバーが付いており、マットブラック、シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの6色から選ぶことができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約167gになっています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載していますので鮮明な色彩で美しい映像を楽しむことができます。
カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されており、パノラマモードなどの様々な撮影機能が付いています。
CPUはサクサク動くMediaTek製の1.3GHzクアッドコアを搭載していてRAMは2GBになっていますので快適な動作性を実現させています

「ZenFone 4 Pro」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

簡単にプロ並みの撮影ができる高性能カメラを搭載しているスマホが「ZenFone 4 Pro」です。
約1,600万画素のメインカメラに光学ズームカメラとデュアルレンズカメラが搭載されており、様々なシーンでプロ顔負けの写真が撮れます。
また、インカメラはオートフォーカスと手ぶれ補正によって思い通りの自撮りが可能になっています。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約157ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約175gになっており、ディスプレイは約5.5インチワイドのAMOLEDディスプレイを搭載しています。
CPUは重い処理でもサクサク動くクアルコムのSnapdragon 835オタクコアが搭載されています。
さらにメモリは驚きの6GBになっていますので機敏に反応してくれます。
カラーバリエーションはムーンライトホワイトとピュアブラックが用意されています。
バッテリーは大容量の3,600mAhになっていますし、急速充電に対応していますので便利です。
ボディはアルミニウムのユニボディ構造で金属のエッジ部分にはダイヤモンドカットが施されています。

「Moto Z」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

耐久性に優れたデザインと高性能CPUを搭載している人気スマホが「Moto Z」です。
軍用機グレードのステンレススチールとアルミニウム、ゴリラガラスで作られていますので耐久性はトップクラスを誇っていますし、撥水コーティングが施されていますので安心して使用することができます。
CPUはクアルコムの高性能CPUスナップドラゴン825クアッドコアを搭載しており、RAMが4GBになっていますので処理が重たくても快適に楽しむことができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約75ミリ、高さ約155ミリ、厚さ約5.1ミリ、重さ約134gという軽量スリムボディになっています。
ディスプレイは約5.5インチのスーパーAMOLEDを採用していますので驚くほど綺麗で鮮明な映像などを楽しむことができます。
バッテリーは2,600mAh大容量バッテリーを搭載しており、付属されている「TurboPower」チャージャーを使用すれば15分の充電で最長7時間駆動が可能となります。
カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブラック・ゴールドの3色が用意されています。

「FREETEL Priori 4」のスペック

Posted in 未分類 by admin with No Comments

1日中、安心してゲームや動画楽しめる大容量バッテリーに、その日の気分によって変えられる6色カバーが付いているスマホが「FREETEL Priori 4」です。
4,000mAhという圧倒的な大容量バッテリーを搭載しているので残量を気にせず様々なことを思う存分楽しめます。
自由に取り外し可能なカバーが付いており、マットブラック、シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、パープルの6色から選ぶことができます。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約167gになっています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載していますので鮮明な色彩で美しい映像を楽しむことができます。
カメラは約800万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されており、パノラマモードなどの様々な撮影機能が付いています。
CPUはサクサク動くMediaTek製の1.3GHzクアッドコアを搭載していてRAMは2GBになっていますので快適な動作性を実現させています。

「Windows 10」への移行計画を早急に進めるべき

Posted in 未分類 by admin with No Comments

Windowsは長く、企業のクライアントPCの主要なプラットフォームとして選択されてきました。アプリケーション、3D対応、ゲームなど、コンシューマー向けの新機能が注目されがちなWindows 10ですが、特に企業での利用に向けて強化されたセキュリティ機能や管理機能も少なくありません。一方、「サービスとしてのWindows(Windows as a Service:WaaS)」のサービスモデル(次回以降に詳しく説明する予定)に基づいて次々に新しくなっていくWindows 10は、企業で利用するクライアントPCの標準OSとして適しているのか、不安や懸念を抱き、導入をためらっている企業もあると思います。製品サポートが終了すると、Windowsに新たなセキュリティの問題が発覚しても、影響するかどうかは公表されません。当然、セキュリティ更新プログラムも提供されません。今後もクライアントPCをWindowsで運用し続けるなら、早めにWindows 10への移行を計画し、実施する必要があります。特に、Windows 7ベースのシステムを運用中の場合は、期限が迫っているため、急ぐ必要があります。

監視カメラがものすごいことになっている。そこには認証技術も追加されているのかも

Posted in 未分類 by admin with No Comments

アメリカもロシアも、英国もフランスも、中国も、予算をかけて軍事力を左右するテクノロジーの競争にしのぎを削っています。「顔認証技術」も、その一つで、日本は、そんな相手と競争しなければならないのです。中国は非軍事でも、「治安維持」という国家目的のために全土で1億7600万台、国民7人に1台の割合で監視カメラを配置、作動させています。「監視カメラ大国」といわれる英国でも10人に1台の割合で、中国はそれを上回り、6人に1台のアメリカに次ぐのです。まだ20人に1台程度の日本は遠く及びません(英国のIHS Markitの調査データによる)。この「ぶ厚いインフラ」が、顔認証技術のビジネスには絶好のフィールドを提供しているのです。欧米や日本では活用の壁になる「国民のプライバシー保護」も、中国では治安維持など「公の目的」のほうが優先され、拡大解釈されています。土壌もあれば、カネも出る。中国政府の公安部門(警察)向けにAI、顔認証技術を利用した監視システムを提供するセンスタイム・グループ(商湯科技)は、7月11日にベンチャー・キャピタル(VC)から4.1億ドルもの資金を調達したのですが、そのVCのカネの出所の大部分は中国政府系だといわれているのです。 民生部門でも、バイドゥ(百度)が保険会社の顧客管理に、アリババが送金決済サービスに利用しはじめ、導入する学校やホテルや商業施設は急速に拡大している。民間でも投資は活発に行われています。

最新スマートフォン「arrows M04」の特徴とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

スマートフォンは小さなノートパソコンを持ち歩いているくらい便利で役立ちますのでたくさんの人が使用しています。
それに、アプリがたくさんありますので様々な楽しみ方がありますし、自分好みにカスタマイズすることもできますので楽しいですね。
そんなスマートフォンは色々な機種が次から次へと発売されていますが、最新スマートフォンとして発売されているのが「arrows M04」です。
この最新スマートフォンは「富士通コネクテッドテクノロジーズ」が発売しているSIMロックフリーのアンドロイドスマートフォンで、泡のハンドソープで丸洗いできるというのが特徴となっています。
指紋などの汚れも綺麗に洗うことができますし、毎日綺麗にして使用することができますので気持ち良いですね。
また、シニア層や主婦をターゲットにしていますので、スマートフォンに慣れていない人でも分かりやすくて操作しやすいです。
カラーバリエーションは基本的にブラックとホワイトというシンプルな2色ですが、限定カラーとしてゴールド、グリーン、デニムブルーが用意されています。
このような最新スマートフォンには耐衝撃性能が強化されていますので、いつでもどこでも安心して使用することができるでしょう。