5G対応スマホの「OnePlus 9」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gが導入されることによって現在主流になっている4Gスマートフォンから5Gに対応しているスマートフォンに買い替える人が増えると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OnePlus 9」という5Gスマホがあり、3Dゲームなどの激しい動きでも滑らかにに再生する高精細大型ディスプレイや一日中安心して使用できる大容量バッテリー、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約9万円でRAM12GB/256GBモデルが約10万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約190gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはミスト、スカイ、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応していますので快適に楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Oxygen OS 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやDolby Atmosに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「OPPO Reno5 5G」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“4Gではできなかったことが5Gでは簡単にできてしまいますので、4Gスマホから5Gスマホに買い替えるという人が少しずつですが増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクからハイエンドクラスまでといった様々な機種がありますが、その中の一つに「OPPO Reno5 5G」という5Gスマホがあり、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUやより広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイ、残量を気にせず楽しめる大容量バッテリーやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約44000円でRAM12GB/256GBモデルが約48000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約172gという薄型軽量コンパクトボディになっており、オーロラブルー、スターリードリーム、ムーンライトブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+約200万画素+約200万画素+約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、電子式手ぶれ補正、HDR、スーパーナイトモード、ポートレートモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Xiaomi Mi 10T Pro」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gは通信速度や遅延速度、同時接続数が4Gよりも優れていますので、今主流になっている4Gスマホから5Gスマートフォンに買い替える人もいます。
その5Gに対応しているスマートフォンには色々な機種があって数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi Mi 10T Pro」という5Gスマホがあり、色鮮やかな映像を再現する高精細大型ディスプレイやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラ、いつでもどこでも安心して使用できる大容量バッテリーやストレスなく楽しめる高性能CPUなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM8GB/128GBモデルが約75000円でRAM8GB/256GBモデルが約81000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.3ミリ、重さ約218gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glass5を採用してリフレッシュレートが144Hzに対応していますので動きの激しいゲームなども快適に楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 865 SM8250 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.6の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 12)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”快適な装着感の秘密は?Galaxy Buds Pro デザインストーリー

5G対応スマホの「realme X7 Pro」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“4Gスマホから5Gスマホに替えることで通信速度や同時接続数において10倍以上の効果が期待できるとされています。
それに遅延がなくなりますので、よりリアルタイムな操作をして遠隔医療やオンラインゲームも実現させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「realme X7 Pro」という5Gスマホがあり、明るいところでも見やすい高精細大型ディスプレイや安心して使用できる大容量バッテリー、思い通りの写真が撮れる高性能カメラやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約35000円でRAM8GB/128GBモデルが約39000円でRAM8GB/256GBモデルが約5万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約184gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000 Plus 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはソニー製センサーとF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(realme UI)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「HONOR V40」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gはスマートフォンやパソコンなどの身の回りのものをインターネットに接続することができ、プライベートだけではなくビジネスシーンでも活躍してくれる便利な通信システムだと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「HONOR V40」という5Gスマホがあり、色鮮やかな映像を再現する高精細大型ディスプレイや見たままの風景を美しく撮れる高性能カメラ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや長時間でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/128GBモデルは約58000円でRAM8GB/256GBモデルは約65000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約186gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ローズゴールド、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2676×1236でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000+ 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大256GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約4000万画素+超広角レンズがついた約800万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素+AIレンズデュアルカメラが搭載されています。
また、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、電子式手ぶれ補正、スローモーション撮影、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Magic UI 4.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Redmi Note 9 5G」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gという言葉はすっかり聞き慣れてきましたし、4Gスマホを使っている人の中には5Gに対応しているスマートフォンに変えた人もいるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Redmi Note 9 5G」という5Gスマホがあり、シャープな写真が簡単に撮れる高性能カメラや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPU、長時間駆動でも安心して使用できる大容量バッテリーやどんな場所でも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約21000円でRAM8GB/128GBモデルが約24000円でRAM8GB/256GBモデルが約27000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約9.2ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープル、グリーン、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glassを採用して解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800U 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、HDR、ナイトモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 12)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“4Gから5Gに移行することによって高速大容量通信が可能になり、これによって飛躍的に向上した通信速度は4Gの約100倍になって2時間の映画が数秒でダウンロードできるとされています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」という5Gスマホがあり、赤外線温度計センサーや安心して使用できる大容量バッテリー、動画などを大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格は約28万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約234gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはセラミックホワイトとセラミックブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2772×1344でアスペクト比19.5:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電と50Wのワイヤレス充電に対応している4400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはHUAWEI Kirin 9000 3.13GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約2000万画素+望遠レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影ができる約800万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、電子式手ぶれ補正、HDR、レーザーオートフォーカス、ポートレートモード、スローモーション撮影、光学ズーム、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 11)でディスプレイ内指紋認証センサーや3D顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーを搭載して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「LG WING」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5G対応のスマートフォンに変えることで高速大容量通信や低遅延、同時多接続といったメリットを感じられます。
ですので、4Gスマホを使っている人の中には5Gスマホに乗り換える人もいるのです。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「LG WING」というミッドハイクラスのアンドロイドスマートフォンがあり、回転式のメインディスプレイやポップアップ式を採用したインカメラ、旅行や長時間の外出でも安心して使用できる大容量バッテリーなども搭載しています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約169ミリ、厚さ約10.9ミリ、重さ約260gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーロラグレー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2460×1080でアスペクト比20.5:9の約6.8インチと解像度1240×1080でアスペクト比1.15:1の約3.9インチサブディスプレイの有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電とワイヤレス充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 765G SM7250-AB 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+Hexa Motion Sensorsがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値1.9の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、電子式手ぶれ補正、光学式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、パノラマモード、スーパーナイトモード、ポートレート撮影、ビューティーAIなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Q OS)でディスプレイ内指紋認証センサーや防水防塵(IP54)耐衝撃(MIL-STD 810G準拠)がついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”auスマホ一覧

5G対応スマホの「vivo S7 5G」とは?

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gスマホは4Gスマホに比べてはるかに速いメリットを生かしてゲームや動画などを快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは2020年になって多くのメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo S7 5G」という5Gスマホがあり、どの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイやストレスなく楽しめる高性能CPU、誰でも簡単に綺麗な写真が撮れる高性能カメラや大容量バッテリーなどを搭載したミドルレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約43000円というお手頃価格になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約170gという誰でも持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはディフューズカラー、ムーンライトホワイト、ジャズブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度1080 x 2400px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.44インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約4400万画素+約800万画素のデュアルインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、レーザーオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、電子式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレート撮影、ビューティーAI、HDR、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch)で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5Gスマホの「HUAWEI Maimang 9 5G」

Posted in 未分類 by admin with No Comments

“5Gは高速な通信を実現させることができますので5Gに対応しているスマートフォンが普及していくと考えられます。
今現在の4Gスマホから5Gスマホに買い替える人が増えていくと思いますが、様々なメーカーから多くの5Gスマホが販売されていますので迷ってしまうところです。
そんな時に参考にするといいのが「HUAWEI Maimang 9 5G」という5Gスマホで、高性能CPUや高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格はRAM6GB/128GBモデルが約34000円でRAM8GB/128GBモデルが約37000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約170ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約212gといった操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ピンク、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.8インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは22.5Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 800 MT6873 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、インカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、スーパーナイトモード、ビューティーAI、HDR、ポートレート撮影、4K動画撮影などの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(EMUI 10)で顔認証センサーやサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”詳しくはこちら